東京都国立市の社労士事務所

労務管理Q&A

  • HOME »
  • 労務管理Q&A

No1.遅刻などで労働時間を延長しても実労働時間が8時間に満たない場合は、労働基準法上の時間外労働とはならないか。

遅刻などによってその日の実労働時間が8 時間に充たない場合は労働基準法上の時間外労働とはなりません。よって割増賃金を支払う必要はありません。

ただし就業規則等で規定がある場合は、その規定によることになります。

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 042-573-5603 FAX 042-573-5604

PAGETOP
Copyright © 至田社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.